空室対策で悩んでいる家主

「空室対策」で悩んでいる大家様へ
あなたの物件、こんな特徴お心たりありませんか?

採光がとれない

バランス釜がある

風呂・トイレが同じ

第一印象が悪い

洗面化粧台がない

洗濯機置き場が外部

中途半端なリフォーム

和室がある

手抜きしている

鳩の糞がある

虫の死骸がある

定期掃除をしていない

インターネットで
見れない

必要な工事を
怠っている

手抜きしている

手抜きしている

全国の大家様も悩まれています!

建設時との話が違う。

お金をかけてリフォームしたが入居が決まらない。

仲介業者からの家賃値下げ交渉が多い。

広告料の増額にともない支出が年々増えている。

敷金トラブルが増えている。

敷金・礼金がとれなくなってきた。

空室が埋まらない。

現状回復費の負担が増えている。

家賃が年々下がって収入が減っている。

今後の賃貸経営をどうして良いかわからない。

日本は今、借り手の戦国時代。全国で空き室が増え続けています。

1つでも当てはまる方は、
ますます空き室が増える可能性大!

これからは入居者管理・物件管理の時代から空室管理の時代へ

内装・再生事例

築16年の物件を
クロス張りを中心に修繕。
相場家賃より10%アップして即入居を実現!

BEFORE画像

AFTER画像

築38年の物件を
塗装を中心に修繕。
相場家賃より9000円アップして即入居を実現!

BEFORE画像

AFTER画像

築40年の元社員寮を修繕。
一ヶ月で満室を実現!

BEFORE画像

AFTER画像

「リノリース」を導入した大家様からお喜びのお言葉を頂きました!

1年以上空いていた部屋が埋まり、マイナスが大幅なプラスに転換しました。

静岡市 小池様の画像

静岡市 小池様

大半の家主の方が空室対策といえば、「広告費をかける」、「家賃を下げる」といったことを考えがちですが、入居者が激減している今は、いかに部屋を気に入ってもらえるかが大切だと考えます。そのためには、良い部屋でなくてはなりません。予算が限られている中で、いかに低コストでデザインの良いお部屋を作れるかが、重要なポイントになりますね。

空室を抱えることは、家賃収入がゼロになるだけでなく、固定資産税などの支払いを考えるとマイナスを生みます。今回、リノリースCLUBにお願いして、一年以上も空いていた部屋が短期間で埋まり、マイナスは大幅なプラスに転換しました。本当に価値ある投資をしたと 実感しています。

部屋を見た第一印象は、「自分が住んでみたい!」でしたね。

京都市 大野様の画像

京都市 大野様

リノリースCLUBにお願いした部屋を見たときの第一印象は、「自分が住んでみたい!」でしたね。内側にはこだわりがありましたから、コストをギリギリまで抑えながら、私の意向を反映していただき満足しています。

空室が埋まった今、改めて言えることは、入居者が求める部屋づくりには、その時代に必要とされる色や素材を見極める知識と判断力がなくてはならないということです。そのことに気づかせてくれたリノリースCLUBには、素直に感謝しています。 これからも多くを学び、満室経営の長期続行を目指して行きたいと思います。

空室を満室にする、新ビジネス
「リノリース」
Copyright 2018 家主の味方