相続対策で悩んでいる家主

相続税も節税できること、ご存知ですか?

相続税とは?

相続税は、相続や贈与によって取得した財産です。通常の相続のほか、不動産や証券、生命保険(見なし相続資産といいます)、相続前3年以内に贈与された財産なども含んだ相続財産に対して課税されます。

「リノリース」導入のPOINT

POINT01

相続の対象になるのは物件評価額-負債のみであること。

財産評価額を下げるための相続税対策は、一時的な相続対策にはなるが、負債が残る、というデメリットがある。

投資する際はしっかりと負債(投資)の回収も視野に入れることが大切。

POINT02

物物件評価額を下げる(投資/負債)…税率を下げる

投資効果の高く、明確な投資が必要。

投投資後の収支計画を考えて投資する必要がある。

リノベーション投資による相続税の節税対策

老朽化物件のリノベーションは、実は相続税の節税に繋がります。相続発生前に行うことで、工事に要した費用分だけ相続財産が減ることになるからです。改修は固定資産評価額の上昇が難点ですが、通常リノベーションによって評価額があがる、ということは通常ありません。具体的な例としては、築年数が古く、固定資産税評価額が500万円しかないマンションのリノベーションに数千万円をかけたとしても、評価額は500万円のままです。一方で大型のリノベーションによる、相場における不動産の価値をあげることが可能となります。

リノベーション費用を相続の『前』に払うことで、手元に残る金額に大きな差がでる

リノベーションに3,000万円を使うと、その分相続評価額が減り、税額も低くなります。逆に自宅や賃貸住宅を相続した「後」の人が、相続発生後にリノベーションをすると、引き継いだ相続資産からリノベーション費用を捻出することになります。リノベーション費用を相続の「前」にすることで、大きなメリットを享受することが可能です。

賃貸住宅のリフォームやリノベーションの代金は減価償却の対象として、構造により何年かに分けて活用することができます(耐用年数といいます)。そう考えるとリノベーションに限らず、いずれ必要になることがわかっている修繕費やリフォームは、相続する前に「済ませておく」ことがポイントです。

まずはお気軽にご相談下さい。
Copyright 2018 家主の味方